史跡 頭塔

<国指定史跡> 奈良のピラミッド「頭塔(ずとう)」の秘密

 ●●見学のお申し込みは、ホテルフロントにて受付●●
   見学可能時間:午前9時~午後5時
   協力金 一般 300円
       団体 200円(10名以上)

史跡 頭塔
■史跡「頭塔(ずとう)」
■展望室からは史跡「頭塔」などの景観が望めます
■施設の奥には文化財の「頭塔」がそびえます
◆頭塔について・・・
当ホテルのすぐ裏側にある史跡「頭塔」は、東大寺南大門から南に約1kmのところにある、土壇からなる国内でも非常に珍しい奈良時代の壇状の塔です。

かつて頭塔は、奈良時代の僧『玄昉』の御頭を埋めた墓と言われ、この名称の由来となりました。後の1922年(大正11年2年)の3月3日付けで国の史跡に指定され、頭塔は奈良時代の土塔として、学術的に位置づけされ現在に至っています。

頭塔の造営については、767年(神護景雲元年)に東大寺の僧で二月堂修二会(にがつどうしゅにえ)行法(お水取り)を創始した『実忠』が、東大寺別当の『良弁』の命により造った塔であるとされてています。

現在の頭塔は、南側は頭塔の森としてそのまま維持され住民の憩いの場として愛され、茂みの中に石仏等を見つけることができます。発掘調査された北側のみを昭和61年から平成12年まで奈良県教育委員会が復元整備を行いました。この頭塔に類似するものとしては、『行基』が関与した堺市の土塔があります。

近年はパワースポットとして訪れる方も多く、予約無しでも当日見学が可能になりましたので、ぜひいらっしゃってみてください。
 
◆構造
基礎部分/一辺約32m(最上壇一辺約6m)・高さ/約10m
自然石を利用した石積みの全8壇構造(各壇に石仏が配置されている)
 
◆アクセス(見学のみの方は公共交通機関をご利用ください)
・近鉄近鉄奈良駅2番出口→奈良交通バス市内循環線で6分、
 バス停:破石町(わりいしちょう )下車、徒歩すぐ
・西名阪道天理ICから国道169号経由30分

◆駐車場(見学専用の駐車場はございません)
ホテルウェルネス飛鳥路にご宿泊のお客様は、ホテルの駐車場利用可能です。
ホテルに宿泊される方以外は、ホテル駐車場の利用はご遠慮ください。

◆奈良県ホームページ/史跡頭塔
・奈良県HPの「史跡頭塔」案内ページはこちら>>http://www.pref.nara.jp/6709.htm
◆最寄駅からのご案内
 最新情報は奈良交通のホームページをご覧ください>>http://jikoku.narakotsu.co.jp/
 詳しいアクセスは当HPのアクセスページをご覧ください>>http://www.hotel-wellness.jp/asukaji/access/
■「破石町(わりいしちょう)」バス停で降ります
■降りるとすぐ前に施設がございます
■ホテルウェルネス飛鳥路へようこそ!
  • お電話でのご予約・お問い合わせ TEL:0742-22-2857
  • 宿泊プラン予約はこちら
  • お問い合わせはこちら